そもそも包茎とは?

そもそも包茎とは?

そもそも包茎って何?

男性は体が成長すると、陰茎(ペニス)先端部の皮膚(陰茎包皮)が陰茎のつけ根の方へ後退し亀頭が露出していきます。
しかし何らかの原因で成人しても包皮の後退が十分ではなく、包皮が亀頭をおおったままの状態のことを「包茎」といいます。
包茎は俗に「皮かむり」と呼ばれ、日本では昔から男の恥とされていたのです。亀頭が露出する時期は個人差があるため、一概に何歳からとは言えませんが、一般的には思春期に入り性器が本格的な成熟を始めるころといわれています。

 

 

包茎は3種類。

 

包茎には仮性、真性、カントンという3種類の状態があります。自分でペニスの皮を簡単に剥けるのは仮性包茎。皮を剥こうとすると痛みで剥くことが出来ないのが真性。無理に剥くと元に戻らず、包皮が亀頭を締めつけてしまう状態になるのがカントンです。

 

 

 

仮性

仮性包茎

 

世界で一番多い包茎のタイプ。
普段は包皮が亀頭を覆っていますが、剥こうと思えば手で簡単に露出させることができます。
勃起するとほとんど亀頭が自然に露出するものから、勃起しても、ほとんど皮が被ったままの状態まで個人によって程度は様々です。

 

 

カントン

 

カントン包茎

 

無理をすれば皮を剥くことには剥けますが、包皮口が狭いため、亀頭の下を締めつけてしまいます。
そのまま何もせず放置しておくと皮が戻らなくなり、腫れてしまうケースもあり、すぐにでも治療することをおすすめします。

 

 

真性

 

真性包茎

 

ペニスが勃起しても、していなくても全く皮を剥けない状態。
この真性包茎のままだと正常なセックスを行うことはできません。
包皮によって亀頭が常に覆われ露出できないために、亀頭の成長を妨げ、先細りのペニスになってしまう恐れがあります。
出来るだけすぐに治療することが大事です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ