あなたは知ってた?包茎トリビア

あなたは知ってた?包茎トリビア

あなたは知ってた?包茎トリビア

割礼(包皮切除)の歴史

古代に伝わるエジプト神話では、太陽神ラーは自らのペニスを切り、そこから流れた血から神々が生まれたとあるのです。
そこで太陽神ラーへの信仰から割礼が行われていました。神に自分の大切なものを信仰の証としてとして捧げていたのではないかとの説もあります。
ユダヤ教とイスラム教の信者たちの間ではなんと現在でも割礼が行われています。旧約聖書に記述されている、アブラハムの割礼の中で、アブラハムは神との契約を結ぶために、一族のすべての男子と共に割礼をしたとあります。

 

そのため、ユダヤの流れをくむ男性信者は、みな割礼を行ってきたのです。というわけで割礼の始まりは、宗教的な理由で、医学的な理由はほとんどなかったのです。

 

 

包茎手術(包皮切除)を近代医学が取り入れた理由

イギリスやアメリカなどの近代医学では割礼を取り入れました。
理由は自慰行為(マスターベーション)の防止です。当時は自慰行為は罪であり悪であると考えられていたのです。そういった道徳的な思想で包皮切除をするようになっていきました。
しかし、19世紀になると、自慰行為は健康に悪影響があるという説が盛んに謳われていったのです。実は医学的な根拠はまったくないのにもかかわらず、自慰行為を繰り返すと、記憶力の低下、心臓病や身体の麻痺などを引き起こす原因である可能性ががあるとされたのです。

 

事実、その当時のイギリスやアメリカでは包皮切除を奨励しており、新生児の包皮切除を国ぐるみで勧めていました。こんな人権を無視したような医療行為が行われていたのですが、その考えは根強く信頼されていたようです。包皮切除をするとペニスの感覚が鈍り、自慰行為をしなくなると考えられてたようです。
そのうち包皮切除はあらゆる病気を治す治療法だと、こんな嘘みたいな考え方まで現れるようになったのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ